「心は諦めたから、身体だけ頂戴」彼氏の幼馴染に求めるまで焦らされ続けて―

「心は諦めたから、身体だけ頂戴」彼氏の幼馴染に求めるまで焦らされ続けて― イメージ画像

彼氏が急用で退席した飲み会の後。酔っぱらいの介抱をしていたはずが、男友達に突然ベッドに組み敷かれて…。「求めてくれないんだったら、我慢する」言葉とは裏腹に、止むことのない愛撫の雨。すっかり理性を蕩かされたカラダは、卑しくも強い刺激を求め出していて―。切なさと、やるせなさの中の官能。ミルキー専属作家、華寅まつりさんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます