嫉妬にかられた彼氏に押し倒されて何度イッても懇願しても収まらない想いに抱かれる

嫉妬にかられた彼氏に押し倒されて何度イッても懇願しても収まらない想いに抱かれる イメージ画像

「お仕置きされるべき、だろ?」聞いたことがないような、冷たくて低い声に背中がぞくりとする。―今日は付き合いだして2年が経つ、自慢の彼と久しぶりのデート。出会ってすぐ、髪型を変えたことにもすぐに気づいてくれて。嬉しくてテンションそのままに、共通の知人に切ってもらったことを告げた瞬間。私の言葉は飲み込まれた…。見たことのない彼に、体験したことのない激しい絶頂へ拉致られちゃってください!華寅まつりさんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます